【ヤミ金解決】【24時間相談受付】相談料無料のエストリーガルオフィス
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

状況にあった最適な解決方法をご提案し、お客様の立場になり解決までサポート!

無料相談ダイアル 0120-566-276

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュカードを他人に譲渡

ニュース記事
自分の名義で口座開設した金融機関のキャッシュカードを他人に譲り渡したとして、亀岡署は28日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで宇治市五ケ庄の飲食店従業員の男(44)を逮捕した。容疑を認めている。

解説
逮捕容疑は今年2月上旬、自分名義で口座開設したインターネット銀行のキャッシュカード2枚を東京都港区の会社に郵送し譲渡したとしている。
キャッシュカードを譲り渡した男が逮捕されたという同月5日付の地元紙の記事を読み6日、自分のしたことが罪になるのかどうか電話で同署に問い合わせたことから発覚した。
同署によると、「ヤミ金業者からの借金の返済を猶予してもらうかわりにキャッシュカードを譲り渡した」と供述している。




刑罰(犯罪による収益の移転防止に関する法律)の対象になるため、キャッシュカード・預金口座の譲渡・売買等の不正利用は決して行わないようにしてください。


記事元:『自己破産・債務整理ガイド』

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。