【ヤミ金解決】【24時間相談受付】相談料無料のエストリーガルオフィス
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

状況にあった最適な解決方法をご提案し、お客様の立場になり解決までサポート!

無料相談ダイアル 0120-566-276

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム金融の手口

システム金融とは、貸金業登録を受けていない違法貸金業者である闇金業者がグループを組んで、中小零細事業者を対象として貸し付けを行う手口を言います。
銀行などの正規の金融機関から借入することが出来ない、中小零細事業者に対してダイレクトメールやFAXなどで勧誘し、郵便局留めで遅らせた手形や小切手を担保に取って、出資法違反の超高金利で貸し付けを行います。

中小零細事業者は、手形や小切手が不渡りになって銀行取引停止処分となると会社が倒産してしまうため、システム金融などで融資を受けることになるのです。

つまり、不渡りで脅して貸金の回収を図るのがシステム金融なのです。


システム金融が融資を行う際は、「担保、保証人不要」、「即日入金可能」などの甘い謳い文句を使用してきます。

例えば、25万円の手形・小切手を3枚、満期が1週間後、2週間後、3週間後にして送付すれば、その日の内に、50万円を融資してくれます。

しかし、システム金融は、当然闇金業者なので、金利は極めて高く、年利800%~2000%に及びます。


当然このような金利では返せるはずもなく、返済は滞ることになります。

システム金融を利用し返済が滞った場合、最初の業者が連携している別の業者に情報を流し、融資を持ちかけてきます。

そして、その業者に対しても返済ができない場合は、同様の手口で別の業者が融資を行ってくるのです。

一度、システム金融に手を出すと、このように次々と借りては返すを繰り返し、借金は雪だるま式に膨らんでゆくのです。








↓↓相談先↓↓
メールはもちろん、電話(フリーダイヤル)で無料相談OK!
闇金対応の『ジャパンネット法務事務所』



コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。