【ヤミ金解決】【24時間相談受付】相談料無料のエストリーガルオフィス
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

状況にあった最適な解決方法をご提案し、お客様の立場になり解決までサポート!

無料相談ダイアル 0120-566-276

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤミ金営業容疑で6人逮捕 法定利息の約9倍

高金利でヤミ金融を営んだとして、北海道警は21日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、札幌市中央区南、会社役員(40)ら男女6人を逮捕した。容疑者は「知らない」と容疑を否認し、残る5人は認めているという。

 逮捕容疑は平成24年11月~今年3月、札幌市内で「リリーフ」などの名前を使って無登録で貸金業を営み、北海道に住む40~50代の男性3人に36万円余りを貸し付け、法定の9倍近い25万7500円の利息を受け取ったとしている。

 道警によると、容疑者らは「電話1本即日振り込み融資」などとのダイレクトメールを送り、1万円を2週間後に1万4000円にして返済する条件を付けていた。融資と返済はいずれも振り込みだった。

記事元:産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/150521/afr1505210029-n1.html




【ヤミ金被害】お悩みは相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所へ

無料相談ダイアル:0120-582-686

ネットバンクで「ヤミ金」経営 容疑の男6人逮捕 東京

インターネットバンキングを使って無登録の貸金業を営み、法定金利の約370倍でカネを貸し付けたとして、警視庁生活経済課は貸金業法違反(無登録)や出資法違反(高金利)などの容疑で、江戸川区東小岩の無職の容疑者(31)ら男6人を逮捕した。同課によると、容疑者ら5人は容疑を認め、1人は否認している。

 同課は延べ449人にネットバンクを使ってカネを貸し付け、約1億3千万円の利息を得ていたとみている。利息を払えない客にはピザを大量に注文するなどの嫌がらせをしていた。

 逮捕容疑は千葉県市川市のビルに事務所を設け、無登録で貸金業を経営。昨年4~11月の間、八王子市のアルバイト男性(40)ら4人に法定金利の最大369倍でカネを貸し、違法な利息計約258万7千円を受け取ったとしている。





【ヤミ金被害】お悩みは相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所へ

無料相談ダイアル:0120-582-686

押し貸しの手口

闇金の代表的な手口のひとつに、押し貸しというものがあります。

押し貸しとは、融資時に貸し手と借り手の間で契約をかわしていないのに、一方的に知らない業者から口座へ入金があります。
その後、業者が収集した個人情報から返済を迫る電話が架かって来ることになります。
その際、法外な利息を脅迫的な言動で要求して来ます。

この押し貸しは、以前に消費者金融・ヤミ金などからお金を借りたことが原因だと考えられます。
個人情報が流出し、氏名や口座番号、住所などが押し貸し業者に流れたと予想されます。

押し貸しに遭っても、金銭貸借契約を結んでいないため、当然、返済する必要はありません。

万一、押し貸し業者から入金があった場合や、振り込まれたお金を使ってしまった場合は、法律の専門家に相談して下さい。






【ヤミ金被害】お悩みは相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所へ

無料相談ダイアル:0120-582-686

年金担保融資・年金担保金融の手口

年金担保融資・年金担保金融とは、高齢者をターゲットにした違法金融(ヤミ金)のことを言います。

その手口としては、生活費が足りず年金支給日まで困っている人や、急に資金が必要になった人を対象に、「年金を担保に融資をします。」などと言葉巧みに年金証書をはじめ、振込通帳、印鑑、キャッシュカードなどを担保として回収します。

主な勧誘方法は、スポーツ新聞などの広告欄に「年金立替」「シルバーライフの応援」などといった広告を掲載し、融資希望者を募ります。


この年金担保融資・年金担保金融の悪質な点は、元金の返済を拒み、年金証書や通帳を取り上げたまま、年金を搾り取り続けようとする点です。

年金を担保に融資を受けることは法律上禁止されています。

『違法年金担保融資対策法』

1.広告・勧誘に当たって禁止される行為の追加
貸金業者は、年金等の公的給付の受給者の借入意欲をそそるような表示又は説明をしてはならない。

2.公的給付に係る預金通帳等の保管等の制限
貸金業を営む者は、貸付けの契約について、その貸付金の弁済を公的給付を原資とする資金から受ける目的で、法令の規定により譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることができないこととされている公的給付が振り込まれる銀行口座等の預金通帳やキャッシュカード、あるいは年金証書などの引渡しを求め、又は保管する行為を行ってはならない。

3.罰則等
上記2に違反した者について、1年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされました。また、上記1及び2に違反した者は、行政処分の対象とされました。


引用元:金融庁 http://www.fsa.go.jp/ordinary/nenkintanpo/



ただし、年金を担保にした融資はは、独立行政法人福祉医療機構(WAM)のみ取り扱いが認められています。
年金受給者にお金が必要な事態が生じ資金が調達できない場合は、安易にヤミ金から高利な貸し付けを利用するのではなく、年金支給機構を正しく利用するようにしましょう。




【ヤミ金被害】お悩みは相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所へ

無料相談ダイアル:0120-582-686

闇金の多重債務

グループで動いている闇金もいます。

一度借りると、仲間の闇金業者から勧誘の電話がかかってきます。
返済が滞ると、いいタイミングで「お金を貸しますよ。」と電話をかけてくるのです。

返済のために別の闇金業者から借りると、返済が滞るたびに別の業者から借りるようになります。
こうして多重債務になります。

闇金は返せなくなった時が相談時です。

他から借りて返済をなんとかしても、そのうち返せなくなるのは目に見えています。

闇金で多重債務になると、利息がものすごいスピードで膨れ上がります。
借りたのは数万円でも、あっという間に借金総額が数千万円になります。

弁護士や司法書士なら法的な解決ができます。
闇金は違法な業者なので契約は無効、返す必要はなくなります。

闇金の悩みは専門家へ。相談無料・24時間受付のアヴァンス法務事務所



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。